「三匹のおっさん」有川浩著。定年後に読みたいおすすめの1冊。

読書
スポンサーリンク

こんにちは、おっさんです。

あっ、訂正、たどんです。
今回は、有川浩著「三匹のおっさん」のご紹介です。
ちっぽけな正義感を持った、私のような気の弱いおっさんには、「よっしゃぁ〜!」と叫びたくなるような痛快小説です。

「三匹のおっさん」の簡単なあらすじ

60歳以上の3人のおっさんが主人公。
3人だけの自警団を作って町内をパトロール。
そして3人の特技を生かして悪い奴らをやっつける、という物語。
昔は悪ガキ3人組と呼ばれた3人も、今はおっさん。
しかし、一人は剣道の達人、一人は柔道の達人、一人は機械の達人でスタンガンなどの武器を駆使する超パワフルなおっさんだった。
ストーリーは単純ていえば単純だが、だからこそ安心して楽しめる。
そんな痛快娯楽小説です。

「三匹のおっさん」の読みどころ

悪い奴らをやっつけるところ

私たちシニア世代は昔から、月光仮面、ナショナルキッド、快傑ハリマオ、スーパーマン、と強い者、ヒーローに憧れてきた。
キヨが剣道、シゲが柔道、ノリが知略を巡らせスタンガンなどの武器を使い、胸のすくような活躍を見せてくれます。

家族の愛情、若い者の恋愛も

夫婦や家族の話も散りばめ、さらにキヨの孫とノリの一人娘に恋が芽生える予感。
おいおい、この先どうなるんだい。

作者有川浩は女性だって?

有川浩という小説家の名前はしっていたのですが、はじめ男性だとばかり思ってました。
王様のブランチというテレビで「三匹のおっさん」のことを知り、その時作者が女性だということを知りました。
「三匹のおっさん」を読んでも、悪い奴らを退治するアクションシーンなどは男顔負け、やっぱり小説家ってすごいな、と思います。
ただ、登場人物の心理場面や恋の芽生えの場面などは、女性ならではの繊細さで書かれています。
作者有川浩の他の作品として「図書館戦争シリーズ」があり、私の本棚にも未読本として出番を待っています。
岡田准一、榮倉奈々主演の映画「図書館戦争」も面白かったので、期待しています。

本書を読んでからテレビドラマを見ると面白さが倍増

「三匹のおっさん」はドラマ化もされました。
剣道の達人を北大路欣也、柔道の達人を泉谷しげる、機械の達人ノリは脇役でよくテレビにも出ている志賀廣太郎、ピッタリのキャスティングだと思います。
ドラマも是非ご覧になってみてください。面白いですよ。

自警団といえば

自警団といえば、ガーディアン・エンジェルスという組織が世界的にも有名です。
アメリカ、イギリス、日本など14の国に存在する犯罪防止を目的としたNPO団体です。
赤いベレー帽、冬は赤いジャンパーがユニホーム。
繁華街や地下鉄のパトロールをしてくれていますが、皆さんも見かけたことがあるかもしれません。
発足したのはもう40年も前、ニューヨークで活動が開始され、日本でも20年ほど前から活動しています。
メンバーの方は本当に偉いと思います。私には怖くてとてもできません。
もう少し認知度が上がってくれればなあ、といつも思っています。

三匹が斬る!

「三匹のおっさん」というタイトルは、時代劇「三匹が斬る!」をヒントにつけられたそうです。
テレビの時代劇「三匹が斬る!」は、高橋英樹、役所広司、春風亭小朝の3人が主人公で、人気があり、第7シリーズまで放映されました。
「三匹が斬る!」についてはまたぜひご紹介したいと思っています。

まとめ

小説は「三匹のおっさん」「三匹のおっさん ふたたび」と2冊刊行されてますが、テレビドラマでは最近「三匹のおっさん みたび」と第3弾が放映されているようです。
残念ながら私は見逃してしまいました。
私の読書記録には「テレビの王様のブランチで紹介していたので購入。なかなか面白かった。〜中略〜。こういう肩のこらない小説はいいなあ。」と書かれています。
サラッと読めます。
シニア世代はにおすすめの本です。

Follow me!

読書
スポンサーリンク
たどんをフォローする
還暦夫婦の生きがい探し