阿佐ヶ谷神明宮ふたたび。桜の特別御朱印符と神むすびをゲット。

御朱印
スポンサーリンク

こんにちは、凛子です。
今回のお話は阿佐ヶ谷神明宮の「桜の特別御朱印符」です。

阿佐ヶ谷神明宮

阿佐ヶ谷神明宮は、東京都杉並区のJR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩2分のところにある、由緒ある神社です。

当ブログでも過去に1度同神社の記事をアップしてます。
今回は、いただいた御朱印と神(かん)むすびについてだけの記事となります。

興味を持たれた方は、よろしければ過去記事も見ていただければ幸いです。

「阿佐ヶ谷神明宮」桜の刺繍入り御朱印と「神むすび」をゲット!
東京杉並区、JR中央線阿佐ヶ谷駅から徒歩数分。「阿佐ヶ谷神明宮」23区内にあるとは思えない荘厳な雰囲気を醸し出しています。そこで、季節限定の桜の刺繍入り和紙に書かれた御朱印とブレスレットタイプのお守り「神むすび」をゲットしました。

桜の特別御朱印符

阿佐ヶ谷神明宮は、刺繍入り御朱印発祥の神社です。

今回は、飾れる御朱印「桜の特別御朱印符」が3月16日(土)から頒布される、との情報を得ました。

そこで主人にお願いし、頒布初日の午前中の早い時間に車で出発。
前回行ったときに、阿佐ヶ谷神明宮の駐車場が何台も駐車できないのを知っていたので、どこか近場のパーキングを探すしかないな、と覚悟していました。

土曜日なので道は空いており、午前10時過ぎに神明宮に着くと、なんと神社脇に臨時駐車場があり、数台空いてました。
ラッキーでした。

行列にビックリ

神社の正面ではなく、神社横から境内に入るとすぐ、行列の最後尾があり、とりあえずそこに並びました。

※神むすびの行列

しかしここはたしか御朱印ではなく、神むすびの頒布所の方ではないか?、と思い、主人に境内の中を見てきてもらいました。

するとやはり、御朱印の行列は別で、境内の外の道路まで並んでいるようでした。

※御朱印の行列

そこで、わたしが神むすび、主人が御朱印の行列に並ぶことにしました。

神むすび、御朱印、ともにゲット

わたしは1時間ほど並び、11時過ぎに無事「神むすび」をゲット。
その後主人の並ぶ御朱印の列に行きましたが、まだ道半ば。
それから30分ほど並び、無事「桜の特別御朱印」もゲットしました。

御朱印

今回いただけた御朱印がこちらです。

①(大和がさね) 初穂料 1,000円

②(桜型) 初穂料 1,200円

③(切り絵) 初穂料 1,200円

④(しずく型) 初穂料 1,200円

どれも素敵な御朱印です。

神むすび

今回は、「桜の特別御朱印」だけのつもりで来たのですが、季節限定と思われる「桜」の神むすびがあったのでいただいてきました。

ウチと娘家族の分も入手。

参拝

いつもなら、まず参拝を済ませてから御朱印をいただくのですが、今回は神社に入ってすぐの行列にビックリし、参拝は後回しにしてしまいました。

参拝もご覧の通りの行列でした。

まとめ

なんで今回、頒布の初日にあわてて神明宮に行ったのかというと、娘から「初日に行かないと売り切れてしまうことがあるらしい」と聞いたからです。

大変な出費になってしまいましたが、行きの道路は空いており、駐車場もすんなりとめられ、並びはしましたが御朱印も神むすびもゲットでき、満足な1日でした。

 

Follow me!