還暦オヤジ、生まれて初めて富士登山?

スポンサーリンク

こんにちは、たどんです。
先日、生まれて初めて富士山に登ってきました。
これが旅と言えるのかわかりませんが、今回はそのご紹介です。

憧れの富士登山

憧れの富士山に登ってきました。
といっても車で5合目までですが・・・
写真は、富士山の「富士宮」登山口にある記念碑です。
いつも遠くからその勇姿を眺めているだけの富士山。
日本の象徴、日本一の富士の山。

昔から「一度も登らぬ馬鹿に二度登る馬鹿」と言います。
私も死ぬまでに一度は登ってみたいと思っていました。
10月下旬の金曜日、自動車で静岡に出張中、静岡出身の職場の同僚が、出張の帰りにわざわざ回り道をして連れて行ってくれました。

富士山の登山口

富士山の登山口は「吉田」「須走」「御殿場」」「富士宮」の4つがあり、10月は登山シーズン中ではないので、マイカーでも登山口まで行けるそうです。
そこで、4つの登山口の中でも、標高2390メートル、と最も高いところにある「富士宮」登山口に案内してくれました。
参考まで、それぞれの登山口の標高は
 「吉田」〜2305メートル
 「須走」〜1970メートル
 「御殿場」〜1440メートル
 「富士宮」〜2390メートル
私、一番高い登山口に行ったのですね。
でも、富士山は、標高3776メートルですから、この「富士宮」登山口から登るなんて。
私にはとても無理です。

当日の天気

天気はあいにくの曇り空。
まだ10月だというのに、気温は4度。寒い。
また、下界は曇って何も見えず。
上を見上げても頂上は見えず。

分相応

だいたい日頃ろくに運動もしてないオヤジが富士登山なんて、無謀もいいところ。
人間分相応が大事です。
私なんか車で5合目で充分です。

まとめ

こんな天気でも、当日、登山の格好をした数十人の団体さんがいました。
見ると、私とさほど年も違わない人たちでした。
もし頂上まで登っていこうというのであれば、尊敬します。
下から上を見上げてしまうと、とても本当の登山をしようなどという気にはなれません。
やはり富士山は、遠くから眺めるのが一番です。

Follow me!

スポンサーリンク
たどんをフォローする
還暦夫婦の生きがい探し