「Apple AirPods Pro」ノイキャンの性能にビックリ

おすすめ商品
スポンサーリンク

こんにちは、たどんです。
今回は、Apple AirPods Proというイヤホンについての紹介です。

私の商品紹介のポリシー

わたしはこれまで当ブログで、いくつかの商品を紹介してきました。
しかし、買ってすぐ、あまり使いもしないうちに紹介するようなことはしません。
わたしがある程度の期間、実際に使ってみて、「これはいい❗」というモノをおすすめすることにしています。
また、良い点だけてなく、ダメな点もハッキリ言うことにしています。
「自分に正直に」
これが商品紹介する際の、わたしのささやかなポリシーです。

電車では読書❓スマホ❓

わたしは今の仕事で、良く電車に乗ります。
現役のころは、電車での時間つぶしはもっぱら読書でした。
しかし、40歳を過ぎると、おそろしい速さで老眼が進行してきます。
電車内の読書がだんだんつらくなってきました。
そこで最近では、もっぱらスマホで、ポッドキャスト(Podcast)を聴いています。

イヤホン選び

昔は耳をすっかりおおう「ヘッドホン」が主流で、イヤホンという選択肢はあまりありませんでした。
この歳になってさすがに電車の中でヘッドホンはみっともない。
イヤホンも少しずつ変化してきました。
わたしもこのイヤホンはいろいろと使ってきました。
当初はワイヤレスなんてありません。
みんなコード付き。
でもこのコードが邪魔なんですよね。
そして「ワイヤレスイヤホン」。
使いはじめたときは
いや〜なんて便利なんだ。コードが引っかからない。
と感動したもんです。
しばらくいくつかのワイヤレスイヤホンを買い替え使ってました。

地下鉄の騒音

 

わたしはよく地下鉄を使います。
みなさんご承知のとおり、地下鉄というのはかなり電車の走行する音が大きいです。
イヤホンにもいくつかの種類があります。
わたしは以前、「耳掛け式」のイヤホンを使ってました。
耳に引っ掛け、耳の上に乗せるようにして使います。
圧迫感が少なく、もちろんワイヤレスなので、地下鉄以外は結構快適に使え、気に入ってました。
だけどこの「耳掛け式」、地下鉄の中ではほとんど聞き取れません。

ノイズキャンセリング

そんな時YouTuberが、Apple AirPods Proというイヤホンをすすめてました。
ノイズキャンセリングのイヤホンなんて一度も使ったことありません。
YouTuberによると、電車の中でノイズキャンセリングにすると、周りの音が「サッ」っと聞こえなくなるそうです。
ただ高い。
「Apple AirPods Pro」だと3万円近くしま
す。
悩みました。
しかし、日ごろ頑張っている(何を❓)自分へのご褒美だ、と決断しました。
楽天で注文。
もちろんポイントが付くからです。

使用感

Apple AirPods Pro
3万円近く奮発した価値はありました。
これは結構すごいです。
ノイズキャンセリングにすると周囲の音がまったく聞こえなくなる、ということはありませんが、かなり周囲の雑音がなくなります。
地下鉄の車内、以前のイヤホンはまったく使い物になりませんでしたが、ノイズキャンセリングにすると結構聞き取れます。
わたしが購入したのはアップルの「AirPods Pro」ですが、他にもソニーなどから良いイヤホンを売っているようです。
でも、わたしはiPhoneのスマホを使ってるので、あまり深く考えずにアップルの「AirPods Pro」を買いました。
素晴らしい製品だと思います。

個人的なデメリット

ただここだけはチョット。
それは、長くつけていると耳がかゆくなることです。
わたしは、耳の穴の中に炎症ができやすい体質らしく、耳鼻科にもかかったのですが、完治は難しいと言われました。
その炎症が悪さをして、耳の穴の中がかゆくなったり、グジュグジュしたりするようです。
ときどきイヤホンを外し、ティッシュで耳の穴の中をホジホジして使っています。

まとめ

今回ご紹介した「Apple AirPods Pro」。
大変満足して使っています。
現在、骨伝導型イヤホンといって、本製品のように耳の穴の中に入れるカナル型ではなく、また耳をふさぐこともないイヤホンが登場しています。
ただ、骨伝導型イヤホンはまだまだ音漏れがあるようで、電車の中で使うのには向かないかな、と感じます。
今後の製品開発に期待しています。

Follow me!