ドラマ・映画

必殺シリーズはここから始まった。「必殺仕掛人」主題曲も最高です。

緒形拳、林与一主演の「必殺仕掛人」をご存知でしょうか?長く続いた「必殺シリーズ」の第1弾。主題曲の「荒野の果てに」は今でも歌い継がれています。老若男女問わず、おすすめの時代劇です。
読書

「ボックス(上・下)」百田尚樹著。マンガ「はじめの一歩」が好きな人は是非読むべし。

百田尚樹、読んでますか?難しい本ばかり読んでいると老けてしまいますよ。私は楽しむための読書をモットーにしています。この作家、ベストセラーを連発してますが、スポ根モノのが好きな方にはおすすめの1冊です。
ドラマ・映画

物静かなヒーロー推参!山本耕史主演「陽炎の辻 〜居眠り磐音 江戸双紙〜」

俳優の山本耕史をご存知ですか?NHKの大河ドラマ「新選組」にもSMAPの香取慎吾と共演していました。一見物静かな雰囲気で、サムライ役には似合わない、と思うのですが、剣の達人。このギャップが最高。主役・坂崎磐音、山本耕史のはまり役です。
御朱印

これだけは守ろう!御朱印をいただく際のマナーについて

御朱印をいただくのにもマナーがあるのを知ってますか?単なる御朱印集めに走ってはいませんか?御朱印は、お参りが主、御朱印は従、これが原則です。その他、これだけは知っておいたほうが良いだろう、というマナーについてまとめてみました。
読書

北方謙三著「水滸伝」全19巻。正義感に燃える男達の熱き闘い。

長編小説はお好きですか?私は長い小説はあまり好きではありません。でも全19巻の北方謙三著「水滸伝」は読み始めたら夢中になります。正義感に燃える熱き男たちの戦いを描く「水滸伝」、時間をかけて読んでも決して損はない、そう思わせる小説です。
読書

宮城谷昌光著「重耳」人望熱き男の生涯。読後感爽やかな物語です。

中国の時代小説は苦手ですか?本書はそんなあなたにも読みやすい、読後感もスッキリ爽やかな、中国の偉人「重耳」という晋国の覇者を描いた物語です。その人柄に惹かれ、皆が重耳をバックアップ、苦難の末に国王に即位する。是非読んでみたい1冊です。
御朱印

[御朱印]赤穂浪士の泉岳寺、GWは避けよう浅草寺

御朱印をもらうため、よせばいいのにゴールデンウィークに赤穂浪士四十七士で有名な泉岳寺と東京の観光名所浅草寺に夫婦で行きました。毎年4月1日~7日と12月14日の「赤穂義士祭」以外ならば結構空いてるそうです。浅草寺はGWはやめましょう。
御朱印

妻から一足遅れて御朱印帳デビュー!御朱印集めは趣味になりうるか?

妻が靖国神社で御朱印帳を買って、しかも既に御朱印ももらってきた。先を越され、夫としては面白くない。特にご朱印帳に興味があったわけではないが、靖国神社のより見栄えの良い御朱印帳を手に入れようと、早速Amazonで御朱印帳を注文。
ドラマ・映画

渡辺謙主演「御家人斬九郎」芸者蔦吉役若村麻由美に惚れました!

テレビドラマ「御家人斬九郎」シリーズ。渡辺謙主演。江戸時代末期、名門松平家の流れをくむ松平残九郎家正。剣術はめっぽう強いが母親には頭があがらない。無役で三十俵三人扶持の貧乏御家人の斬九郎が、「かたてわざ」で悪人を懲らしめ、活躍する物語。
ドラマ・映画

池波ワールドへようこそ!「剣客商売」藤田まこと主演

無外流の達人、隠居秋山小兵衛とその息子大治郎の活躍を描いた、池波正太郎の長編小説が原作。親子が悪者を懲らしめる、スカッとする殺陣はもちろん、若い大治郎の恋愛も同時進行していきます。秋山親子の活躍に、気分がスッキリしますよ!
スポンサーリンク